ホーム > 高血圧の基本 > 高血圧を放っておくとどうなる?

高血圧を放っておくとどうなる?

高血圧自体の自覚症状は、あまりはっきりしません。しかし、高血圧を放っておくと、動脈硬化を起こし、やがて脳卒中や心臓病などの病気を引き起こします。高血圧の恐ろしさは、これらの高血圧合併症にあるのです。

高血圧は、動脈硬化を引き起こす

高血圧で最も問題なのが、動脈硬化を引き起こすことです。動脈硬化とは、血管が弾力を失ったり、血管の内腔が狭くなる状態をいいます。高血圧が続くと、血液の圧力に耐えるために、動脈の血管壁が厚くなり、血液が流れる内腔は狭くなります。また、血管が傷つくと、コレステロールなどの脂質がたまりやすくなり、さらに内腔は狭くなります。そうすると、血液の流れる抵抗が増え、血圧はますます上昇します。つまり、高血圧→動脈硬化→高血圧、という悪循環が、さらなる動脈硬化を促進するのです。

動脈硬化が原因で、脳や心臓の血管障害を引き起こす

高血圧による動脈硬化が原因で、生命に関わる脳や心臓の血管障害(高血圧による合併症)を起こしやすくなります。脳に関わる病気としては、脳卒中(脳梗塞、脳出血など)、心臓では狭心症や心筋梗塞など。他には腎障害などが上げられます。高血圧そのものよりも、それが原因でこのような合併症が起こり、しかも悪循環を起こすという点に、高血圧の怖さがあるのです。

文字サイズ
小
標準
大

お問い合わせ

ノバルティスの取り組み

このサイト全般の監修医