ホーム > 高血圧の合併症 > 合併症:心臓に関する病気

合併症:心臓に関する病気

高血圧を放っておくと心肥大や動脈硬化が進み、狭心症や心筋梗塞といった心臓に関する合併症が突然起こることがあります。

【図】心肥大

高血圧のために心筋が厚くなる「心肥大」

高血圧では、心臓が強い力で血液を送り出しているため、心臓の壁が厚くなってしまいます。これを「心肥大」といいます。この状態が続くと、心臓が固くなり、拡張機能が低下して「心不全」になり、動悸、息切れ、呼吸困難などに陥り、生命にも関わります。

【図】狭心症

心臓への血流が少なくなり、発作を起こす「狭心症」

動脈硬化によって心臓の冠動脈の内腔が狭くなり、血液の供給が低下すると、心筋虚血により「狭心症」発作が起こります。発作が起こると、胸の中心部に締めつけられるような痛みや圧迫感があり、安静にしていると数分で収まるのが一般的です。発作を起こした際には、ニトログリセリンまたは硝酸イソソルビドを舌下に含むと改善します。

【図】心筋梗塞

強烈な痛みがあり、突然死の原因にもなる「心筋梗塞」

冠動脈に血栓ができると、完全に内腔がつまり、閉塞した血管の下流に血液が供給されなくなります。その部分が壊死するのが「心筋梗塞」です。胸部に強烈な痛みをもたらす発作で、ショック状態に陥ることもあります。最初の発作で3割の方が亡くなり、そのうちの半数以上は1時間以内に亡くなるといわれています。高血圧の合併症として非常に警戒すべき疾患です。

文字サイズ
小
標準
大

お問い合わせ

ノバルティスの取り組み

このサイト全般の監修医