ホーム > 高血圧の合併症 > メタボリックシンドロームって何?

メタボリックシンドロームって何?

最近よく耳にするようになった「メタボリックシンドローム」は、内臓脂肪蓄積(腹囲が大きい)に加え、血圧、血糖、血液脂質の軽度の異常が複数発症した状態のことで、心臓や脳血管の病気が起こるリスクが高くなります。

それぞれの症状は軽くても、心血管症発症リスクが高いのが特徴

メタボリックシンドロームとは、直訳すれば「代謝症候群」。インスリン抵抗性、内臓肥満、脂質異常症、高血圧などが重複する状態であることからこう名付けられました。
少し高血圧気味、少し太り気味、少し血糖値が高い・・・。メタボリックシンドロームで注意したいのは、それぞれの異常が軽くても積み重なることで心血管病の発症リスクが高くなるという点です。原因についてはまだ明らかにはされていませんが、生活習慣と遺伝要因によるものだと考えられています。 日本では日本動脈硬化学会、日本糖尿病学会、日本肥満学会、日本高血圧学会、日本循環器学会、日本腎臓病学会、日本血栓止血学会、そして日本内科学会の8学会により、日本の基準が設定されました。

【図】メタボリックシンドロームの診断基準

生活習慣病が積み重なると、心血管病のリスクは3倍に

米国の基準では、「耐糖能異常(または2型糖尿病)」「高中性脂肪血症」「低HDL(善玉)コレステロール血症」「内臓脂肪型肥満」「高血圧」のうち、3項目以上を満たす場合をメタボリックシンドロームと定義しています。メタボリックシンドロームでは、糖尿病を発症するリスクが9倍、心筋梗塞や脳卒中の発症リスクが3倍高くなると報告されています。(米国高脂血症治療ガイドライン[ATPIII:Adult Treatment Panel III, NCEP National Cholesterol Education Program])

文字サイズ
小
標準
大

お問い合わせ

ノバルティスの取り組み

このサイト全般の監修医