ホーム > 高血圧の合併症

高血圧の合併症

高血圧を放っておくと動脈硬化が進行し、脳や心臓の病気が突然発生し、生死に関わることがあります。こうした怖さから、高血圧はサイレントキラー(沈黙の殺人者)とも呼ばれているのです。

高血圧の合併症は怖い?

高血圧は、自覚症状が出たときには、すでに生死に関わる病気が進行していたということがよくあります。こうした怖さから、高血圧はサイレントキラー(沈黙の殺人者)とも呼ばれているのです。合併症の怖さをきちんと知り、日頃の血圧管理を欠かさないことが大切です。

合併症:脳に関する病気

高血圧を放っておくと動脈硬化が進み、脳梗塞や脳出血といった脳に関する合併症が突然起こることがあります。

合併症:心臓に関する病気

高血圧を放っておくと心肥大や動脈硬化が進み、狭心症や心筋梗塞といった心臓に関する合併症が突然起こることがあります。

合併症:腎障害

高血圧を放っておくと動脈硬化が進み、腎障害が発症することもあります。

合併症:糖尿病

高血圧に、糖尿病を合併することもあります。

メタボリックシンドロームって何?

最近よく耳にするようになった「メタボリックシンドローム」は、内臓脂肪蓄積(腹囲が大きい)に加え、血圧、血糖、血液脂質の軽度の異常が複数発症した状態のことで、心臓や脳血管の病気が起こるリスクが高くなります。

文字サイズ
小
標準
大

お問い合わせ

ノバルティスの取り組み

このサイト全般の監修医