ホーム > 検査と診断 > 診断に必要な検査と進め方

診断に必要な検査と進め方

健康診断などで高血圧と診断された場合には、速やかに医師の診察を受けるようにしましょう。軽度な時期から治療を行うことが大切です。

高血圧の検査は2段階に分けて行う

高血圧の検査では、はじめにスクリーニング検査と呼ばれる一般的な検査が行われます。内容としては、問診、血圧測定などの診察、肥満の判定、尿検査、血液検査、眼底検査、心電図検査、胸部X線検査です。ここで軽い高血圧で、合併症などがないことが確認されれば、運動や食事など、生活習慣に関する指導が行われます。しかしスクリーニング検査で血圧が高かったり、合併症の疑いがあったりする場合には、その内容に応じてさらに詳しい検査(精密検査)が行われます。
高血圧が一次性(本態性)なのか、他の病気が原因による二次性なのかを鑑別します。二次性の場合には、その原因となっている病気を治療します。一次性(本態性)の場合には、高血圧の進行度合いと脳、心、腎などの臓器障害や合併症の有無などを調べ、治療計画を立案します。

臓器障害の評価のための検査

臓器障害や合併症等の疑いがある場合には、精密検査が行われます。主な精密検査には、「X線CT検査」、「MRI・MRA検査」、「超音波検査」などがあります。

【図】高血圧の検査の流れ

文字サイズ
小
標準
大

お問い合わせ

ノバルティスの取り組み

このサイト全般の監修医