ホーム > 検査と診断 > 高血圧の検査 問診~肥満の判定

高血圧の検査 問診~肥満の判定

検査は、まず問診から始まります。生活習慣に関わる病気なので、細かい質問にまできちんと答えることで、治療計画に役立つことがあります。また、肥満の度合いも、自分で確認してみましょう。

問診・診察

問診とは、医師が症状などをヒアリングすることです。問診の質問は、自分や家族の病歴、既往症の有無、食事やたばこ・アルコール、運動などの生活習慣や生活環境についてです。高血圧は、生活習慣や遺伝が関与していますので、できるだけ正確に答えるようにしましょう。診察では、血圧の測定や聴診など内科診察をします。

肥満の判定

高血圧に限らず、肥満はあらゆる病気にとって好ましいことではありません。肥満と一言で言っても、「皮下脂肪型肥満」と「内臓脂肪型肥満」に分類されます。皮下脂肪型はおしりや大腿部に脂肪がたまるため「洋梨型肥満」と、内臓脂肪型はおなかに脂肪がたまるため「リンゴ型肥満」とも呼ばれています。心臓や血管の病気と関係が深いのは「内臓脂肪型肥満」です。
肥満のタイプは、腹囲(cm)を測定し、男性85cm、女性90cm以上は「内臓脂肪型肥満」が疑われます。肥満の程度を判定する指標としてはBMI(ボディ・マス・インデックス:体重を身長の2乗で割った数値)を用い、25以上が肥満です。

【図】BMI(ボディ・マス・インデックス)
※BMIの数値は日本肥満学会による基準値です。

文字サイズ
小
標準
大

お問い合わせ

ノバルティスの取り組み

このサイト全般の監修医