ホーム > 検査と診断 > 検査の種類1 血液検査

検査の種類1 血液検査

血液からは、体の情報を知るための、さまざまな情報を得ることができます。血液検査には「血球検査」と「血液生化学検査」があります。

血液検査の基準値

※数値の基準は医療機関によって異なります。

血球検査

検査名 基準値※1 ポイント
赤血球数(RBC) 430-570万個/μL 主として貧血の有無を調べる
370-490万個/μL
白血球数(WBC) 3500-8500個/μL 主として感染症の有無を調べる
ヘモグロビン(Hb) 13.5-17g/dL 赤血球と同様
11.5-15g/dL
血小板数(PLT) 15万-35万個/μL 主として出血傾向の有無を調べる

※1 「慶應関連病院における血液検査の共通基準値」,慶應医学,77,257-262,2000より

血液生化学検査

検査名 基準値※2 ポイント
電解質 ナトリウム 136-145mEq/L 腎機能障害やホルモンの分泌異常と関係する。カリウム値が低いと、原発性アルドステロン症、高いと腎機能低下の疑いがある
カリウム 3.6-4.8mEq/L
クロール 99-107mEq/L
カルシウム 8.5-10.2mg/dL
脂質 総コレステロール(TC) 135-239mg/dL ※3 高LDLCや低HDLCは動脈硬化と関係する
HDLコレステロール(HDL-C) 40-100mg/dL ※3
中性脂肪(TG) 30-150mg/dL ※3
LDLコレステロール(LDL-C) 140mg/dL以上(高LDLコレステロール)、
120-139mg/dL(境界域高LDLコレステロール) ※3
クレアチニン(Cr) 0.7-1.1mg/dL 腎機能低下があると高くなる
0.4-0.8mg/dL
尿素窒素(UN) 8-20mg/dL
血糖(空腹時) (GLU) 80-110mg/dL 糖尿病があると高くなる
肝機能 AST(GOT) 10-35IU/L 肝障害があると高くなる
ALT(GPT) 5-40IU/L
γ-GTP 10-90IU/L
5-40IU/L

※2 「慶應関連病院における内分泌・臨床化学検査の共通基準範囲」,慶應医学,80(3) 105-110,2003より
※3 日本動脈硬化学会「動脈硬化性疾患予防ガイドライン2012」より

文字サイズ
小
標準
大

お問い合わせ

ノバルティスの取り組み

このサイト全般の監修医