ホーム > 検査と診断 > 検査の種類2 尿検査

検査の種類2 尿検査

血液は腎臓で濾過され、老廃物が尿となって出てきます。尿を調べることで、主に腎臓に関する情報をはじめ、体全体の健康状態を知ることができます。

※数値の基準は医療機関によって異なります。

検査名 基準値 疑われる病気
尿タンパク 定性検査(-) 腎臓に障害が起こると、尿の中にタンパクが出てくるため、腎機能の障害を知る手がかりになります。
定量検査:1日40-80mg以下
尿沈渣 赤血球 1視野に1個 尿の中に赤血球、白血球や細菌がないかを調べます。腎臓の炎症などの手がかりになります。
白血球 1視野に3個以下
尿糖 定性検査(-) 尿の中に糖が出ているかを検査します。尿糖があると糖尿病が疑われます

腎臓と尿の働き

腹部大動脈から腎動脈を介して腎臓に血液が送り込まれ、血液の成分が濾過され、尿中の老廃物は膀胱へと流れ、排泄。腎臓できれいになった血液は下大静脈へ送られます。

文字サイズ
小
標準
大

お問い合わせ

ノバルティスの取り組み

このサイト全般の監修医