ホーム > 生活習慣の修正 > 生活習慣の修正とは?

生活習慣の修正とは?

血圧を下げるために、食事をはじめ生活全般にわたって修正することが重要です。これまでの習慣を変更するのはなかなか大変ですが、自分のペースで、無理せず見直していくのがポイントです。

生活習慣の修正は、高血圧の最大の予防

高血圧の治療にあたっては、生活習慣の修正と薬物療法が2つの柱になります。薬物療法と同時に、すべての高血圧の方が生活習慣の修正に取り組む必要があります。生活習慣の修正は、高血圧だけに有効なわけではなく、すべての生活習慣病、ひいてはすべての病気に対して有効です。高血圧の人はもちろん、健康な人にとっても、理想的な生活習慣でさまざまな病気を予防することができます。

生活習慣の修正の6つのポイント

日本高血圧学会では、(1)塩分を控える、(2)お酒を控える、(3)適度な運動を行う、(4)適正体重を維持する、(5)脂肪分を控える、(6)禁煙するという6項目を生活習慣のポイントとして挙げています。とりたてて特別なことではありません。きちんと目標を立てて、できることから取り組んでいきましょう。

  1. 食塩制限……1日6g未満
  2. アルコール摂取量の制限……1日あたり、エタノールで男性は20~30ml以下、女性は10~20ml以下。
  3. 運動療法……心血管病のない高血圧患者が対象。有酸素運動を毎日30分以上定期的に行う。
  4. 適正体重の維持……BMI〈体重(kg)÷身長(m)2〉で25を超えない
  5. 野菜・果物の積極的接種……コレステロールや飽和脂肪酸の摂取を控える
  6. 禁煙

※野菜・果物の積極的摂取は、重篤な腎障害を伴う場合では、高カリウム血症をきたす可能性があるので推奨されません。また、果物の積極的摂取は摂取カロリーの増加につながることがあるので、糖尿病患者には推奨されません。

※飽和脂肪酸とは、主に動物性の脂肪に含まれる脂肪酸で、多量に摂取すると血液中のコレステロール値を上昇させ、動脈硬化などを促進するものです。

※実施の際には、医師にご相談ください。

日本高血圧学会「高血圧治療ガイドライン2004」より作成

【図】生活習慣の修正項目

文字サイズ
小
標準
大

お問い合わせ

ノバルティスの取り組み

このサイト全般の監修医