ホーム > 生活習慣の修正 > たばことアルコールと血圧の関係

たばことアルコールと血圧の関係

喫煙は、どの側面から考えてもいいことはありません。禁煙が難しければ、禁煙をサポートする方法があるので、医師に相談しましょう。アルコールも、「百薬の長」として飲むためには適量を守りましょう。

たばこは明らかに血圧を上昇させる

血圧にとって、たばこは百害あって一利なし。たばこを吸うと、ニコチンが副腎を刺激して、血圧を上げるホルモンを分泌します。さらに、交感神経も興奮させるため、たばこを吸うと血圧は上がります。さらに長期的には動脈硬化も進行させるので、狭心症や心筋梗塞のリスクも高まります。最良の選択は禁煙です。禁煙は禁煙法を指導する医師がいる禁煙外来・禁煙クリニックでご相談されてみてはいかがですか。

関連リンク

節酒を継続することで血圧は下がる

一般に、アルコールは飲酒後一時的に血圧を下げますが、習慣的な大量の飲酒は血圧を上昇させます。節酒を継続することで、数日で血圧は低下することが確認されています。たばこのようにやめる必要はありませんが、節酒を心がけましょう。飲酒の適量としては、エタノール換算で男性で20~30mL(日本酒で1合程度)、女性で10~20mLといわれています(JSH2014による)。

種類 アルコール度数(度) 飲める量(ml)
ビール 4.5 666
ワイン 12 250
日本酒 15 180
焼酎 35 85
ウイスキー 40 75
ウォッカ 50 60

【図】高血圧の人が飲んでもよいお酒の量:1日30gとした場合

関連リンク

文字サイズ
小
標準
大

お問い合わせ

ノバルティスの取り組み

このサイト全般の監修医