ホーム > 正しい血圧測定 > 診察室血圧と家庭血圧

診察室血圧と家庭血圧

血圧は、病院や診療所で測る場合と、家庭で測る場合で、数値が異なることがわかっています。病院と家庭の数値では、10~30mmHgもの差があることがあります。

「診察室血圧」と「家庭血圧」では測定値が異なる

高血圧の方に限らず一般の人でも、病院や診療所で測ると家庭よりも高い数値が出ることが多いことがわかっています。家庭ではリラックスして測定できますが、病院や健診では緊張したりして、血圧値が上がってしまうのです。診察室で測定した血圧は「診察室血圧」または「随時血圧」と呼ばれ、家庭で測る「家庭血圧」に比べると、収縮期血圧で20~30mmHg、拡張期血圧で10mmHgも高くなる場合もあります。診察室血圧が140/90mmHg以上で高血圧、家庭血圧が135/85mmHg未満で高血圧でない場合、「白衣高血圧」と呼ばれます。
家庭血圧が高血圧で、診察室血圧が高血圧でない場合、「仮面高血圧」または「逆白衣高血圧」と呼ばれます。白衣高血圧は積極的に治療せず、経過をみる場合が多いですが、仮面高血圧は心血管の病気になるリスクが高いので、治療が必要な場合もあります。仮面高血圧は、仕事や家庭などで精神的ストレスを抱えている方、ヘビースモーカーなどでみられることが多いので、心当たりのある方は診察室血圧と家庭血圧の数値を比べてみるとよいでしょう。

家庭血圧のメリットは毎日測定できること

病院や診療所で血圧を測定するのは、2週~2ヵ月に1回程度でしょう。毎日測定できる家庭血圧の方が、血圧の変化を知るのには役立ちます。血圧自体は日々変わるものなので、多少の数値の変化に一喜一憂するのではなく、一定期間の推移を見守ることが重要です。

文字サイズ
小
標準
大

お問い合わせ

ノバルティスの取り組み

このサイト全般の監修医