ホーム > 正しい血圧測定 > 家庭用の血圧計の選び方

家庭用の血圧計の選び方

最近では、さまざまな血圧計が、手頃な価格で発売されています。測る部位も、上腕だったり手首だったりとさまざま。正しく測定するためには、どのようなタイプを選べばよいのでしょうか。

血圧測定の方式・・・コロトコフ法とオシロメトリック法

血圧の測定方式には、コロトコフ法(聴診法)とオシロメトリック法があります。まず、カフを腕に巻いて動脈を圧迫し、血液の流れを止めます。その後空気を抜くと、血液が再度流れはじめます。この時の、血管に血液がぶつかる音(コロトコフ音)を聞いて測定するのがコロトコフ法です。一方、オシロメトリック法は、途絶えた血流が流れはじめる時の動脈壁の振動を、センサーでキャッチして測定する方法です。家庭で普及しているのはほとんどこのタイプになります 。

【図】コロトコフ法(聴診法) オシロメトリック法

家庭用血圧計も上腕部で測定するタイプがおすすめ

血圧の測定は上腕で行うのが一般的で、手首や指先で測定するものでは正確な測定ができないことがあります。これから買う場合、上腕部で測るものをおすすめします。

文字サイズ
小
標準
大

お問い合わせ

ノバルティスの取り組み

このサイト全般の監修医