ホーム > 正しい血圧測定 > 血圧の記録方法

血圧の記録方法

血圧は、短期間の測定で判断せず、できるだけ継続的に、毎日測定・記録し、血圧の変化を把握することが、血圧管理における最も重要なポイントです。

血圧記録表をご活用ください

日付

原則として1日2回測るようにしましょう。変化をつかむためには、毎日記録することが大切です。

時刻

同じような時間に測定するようにしてください。朝の起床後1時間以内と夜の就寝前の測定をおすすめします。

血圧

最大血圧(収縮期血圧)と、最小血圧(拡張期血圧)を記録してください。折れ線グラフでつないでゆくと、変化をわかりやすく見ることができます。

メモ

測定時の室温や体調など、血圧に影響を与える内容はメモしておきましょう。

【図】血圧記録表

インターネットやパソコンを活用した血圧記録も

最近ではインターネットで血圧管理ができるサービスもあります。毎日の血圧測定を継続できるような工夫があることが特徴です。ぜひ活用してみてください。

文字サイズ
小
標準
大

お問い合わせ

ノバルティスの取り組み

このサイト全般の監修医