ホーム > 薬物療法 > 降圧薬の副作用

降圧薬の副作用

どんな薬でも、その人の体質に固有の症状が出るケースもあります。大切なのは、副作用について、医師・薬剤師ときちんと話をした上で薬を服用し、不安があれば遠慮せずに相談することです。

副作用は、2つの種類に分けることができます

薬物療法を開始した場合、多くの場合は長期間継続して薬を服用することになります。もちろん生活習慣の修正によって、薬を飲まなくても血圧が正常化するケースもあります。しかしそれは全体の2割程度といわれ、残念ながら8割の人は、降圧薬によって血圧を維持しています。
降圧薬は、あくまで血圧を下げる薬であって、高血圧そのものを治すものではありません。したがって高血圧が続く限りは、薬を飲み続けるということになります。なぜなら、その他の合併症を起こす危険を冒すよりは、薬を飲み続けることで血圧を下げ、合併症や他の病気の発生を防ぐ方が大切であると考えられるからです。

少しでも不安があれば、医師に相談しましょう

非特異的副作用

中毒性、あるいはアレルギー性の反応によるものを「非特異的副作用」といいます。これはいわゆる特異体質の人に起こるもので、降圧薬に限らず、どの薬にも共通するものです。こうした症状が出た場合には、その薬の服用を直ちにやめなくてはなりません。

特異的副作用

薬の作用が予想以上に強く出てしまい、服用者に不都合な症状が現れる場合を「特異的副作用」といいます。一例としては、カルシウム拮抗薬は血管を拡張させ、血色が良くなり、顔が赤らむことがあります。
薬を飲んでいることによる副作用とは、一般にこの「特異的副作用」のことを言います。現在一般に処方されている降圧薬においては、重い副作用はほとんど報告されていません。しかし、頭痛や咳などの軽い副作用が出ることはありますので、薬を処方されたときに、どのような副作用を起こす可能性があるのか、医師や薬剤師からしっかりと聞いておきましょう。そして副作用を感じたら、遠慮せずに医師や薬剤師に相談してみてください。

関連リンク

血圧チャレンジツアー

お問い合わせ

ノバルティスの取り組み

このサイト全般の監修医