ホーム > 薬物療法 > 降圧薬を飲むときの注意点

降圧薬を飲むときの注意点

降圧薬は、長い間飲み続けるものです。その間に他の薬を飲んだり、症状が変わったり、様々なことが起こる可能性があります。薬の服用で不安があるときには、早めに医師に相談するようにしましょう。

自分の判断で中止したり、量を変えるのは危険です

一時的に血圧が下がったからといって、自分の判断で服用を止めたりすると、血圧は戻ってしまいます。血圧の上下が繰り返されると血管に傷を付ける原因ともなります。

飲み忘れても、まとめて飲まないでください

1回飲み忘れたからといって、まとめて飲む必要はありません。気が付いた時点で、1回分だけ飲めば大丈夫です。飲み忘れがないように、飲む時間を習慣化するなどの工夫をしましょう。

他の薬を飲むときには、飲み合わせに注意してください

降圧薬を飲んでいる時に、別の医師から薬を処方してもらうときには、必ず飲んでいる薬について報告してください。市販薬でも併用していいものと悪いものがありますので、注意が必要です。かぜ薬、胃薬、便秘薬などを短期間服用するのであれば、差し支えはありません。ただし漢方薬には高血圧の原因になる甘草(かんぞう)が使用されているものがあるので、注意が必要です。いずれにしても不安があるときは、必ず医師に相談するようにしてください。

関連リンク

文字サイズ
小
標準
大

お問い合わせ

ノバルティスの取り組み

このサイト全般の監修医