ホーム > 高血圧ガイドライン > 2 高血圧患者のリスク階層化・高血圧管理計画

高血圧ガイドライン 2 高血圧患者のリスク階層化・高血圧管理計画

あなたのリスク度チェック!

日本高血圧学会は血圧値と高血圧以外の予後影響因子の有無によって脳・心血管病を起こしやすいかどうかのリスク(危険性の度合い)を、低リスク・中等リスク・高リスクの3つに分けています。

(1)血圧が140/90mmHg以上の方で、次のうち1つでもあてはまるものはありますか?
糖尿病/脳出血/脳梗塞/無症候性脳血管障害/一過性脳虚血発作/左室肥大/狭心症/心筋梗塞/冠動脈再建手術/心不全/蛋白尿・アルブミン尿/低いeGFR/慢性肝臓病(CKD)・確立された腎疾患(糖尿病性腎症、腎不全など)/動脈硬化性プラーク/頸動脈内膜中膜壁厚/大血管疾患/末梢動脈疾患/高血圧性網膜症

YESの場合高リスクNOの場合は次の(2)へ

(2) あてはまるものに、チェックしてください。
  • 65歳以上である
  • 脂質異常症(※1)がある
  • タバコを吸う
  • 肥満(BMI 25以上)、(特に内臓脂肪型肥満)
  • 血縁家族に50歳未満で心血管病を発症した人がいる
  • メタボリックシンドロームである

3つ以上あてはまりますか?

YESの場合高リスクNOの場合は次の(3)へ

(3) 血圧は180/110mmHg以上ですか?

YESの場合高リスクNOの場合は次の(4)へ

(4) (2)の項でチェックした数はいくつですか?
1つまたは2つ→YES なし→No

YESの場合次の(5)へNOの場合は次の(6)へ

(5) 血圧は160/100mmHg以上ですか?

Yesの場合は高リスク、Noの場合は中等リスク

※1:脂質異常とは、次のいずれかに該当している場合をいいます。

  • HDLコレステロール値が40mg/dL未満
  • LDLコレステロール値が140mg/dL以上
  • 中性脂肪値が150mg/dL以上

(6) あてはまるものにチェックしてください

① 腹腔内脂肪蓄積(ウエスト周囲径 男性85cm以上 女性90cm以上)
② 血圧値(収縮期血圧 130mmHg以上 かつ/または 拡張期血圧 85mmHg以上)
③ 脂質値(高トリグリセライド血症 150mg/dL以上 かつ/または 低HDLコレステロール血症 40mg/dL未満)
④ 空腹時血糖 110mg/dL以上

①~④ すべてあてはまりますか


(7) (6)の項目で

①と②に加え、③もしくは④がありますか。


(8) あなたの血圧は?

  • 160/100mmHg以上ですか?

Aの場合は高リスク、Bの場合は中等リスク

(9) あなたの血圧値は?

  • 160/100mmHg以上ですか?

Bの場合は中等リスク、Cの場合は低リスク

関連リンク

高血圧患者のリスクの階層化

血圧値をI度、II度、III度の3つに分けています。
今回の改訂で正常高値血圧が血圧分類から削除されました。
このリスク層と血圧分類を元にして脳卒中や心筋梗塞、心不全などの危険度を示し、初診時の高血圧治療計画を決定します。

【図】高血圧の分類とリスク

※日本高血圧学会「高血圧治療ガイドライン2014」

心血管病の血圧値以外の危険因子

  • 高齢(65歳以上)
  • 喫煙
  • 脂質異常症*1
    • 低HDLコレステロール血症(<40mg/dL )
    • 高LDLコレステロール血症(≧140mg/dL )
    • 高トリグリセライド血症(≧150mg/dL )
  • 尿微量アルブミン排泄
  • 慢性腎臓病(CKD)
  • 肥満(BMI≧25)(特に内臓脂肪型肥満)
  • メタボリックシンドローム
  • 若年(50歳未満)発症の心血管病の家族歴
  • 糖尿病
    • 空腹時血糖≧126mg/dL 負荷後血糖 2時間値≧200mg/dL 随時血糖≧200mg/dL HbA1c≧6.5%(NGSP)

*1 空腹時採血によりLDLコレステロールはFriedwaldの式(TC-HDL-C-TG/5)で計算する。TG400mg/dL以上や食後採血の場合にはnonHDL-C(TC-HDL-C)を使用し、その基準はLDL-C+30mg/dLとする

臓器障害・心血管病

部位 危険因子
  • 脳出血・脳梗塞
  • 無症候性脳血管障害
  • 一過性脳虚血発作
心臓
  • 左室肥大(心電図,心エコー)
  • 狭心症、心筋梗塞、冠動脈再建術後
  • 心不全
腎臓
  • 蛋白尿(尿微量アルブミン排泄を含む)
  • 低いeGFR*2(<60mL/ 分/1.73m2
  • 慢性腎臓病(CKD)、確立された腎疾患(糖尿病性腎症、腎不全など)
血管
  • 動脈硬化性プラーク
  • 頸動脈内膜中膜複合体厚 ≧1.1mm
  • 大血管疾患
  • 末梢動脈疾患(足関節上腕血圧比低値:ABI≦0.9)
眼底
  • 高血圧性網膜症

*2 eGFR(推算糸球体濾過量)は下記の血清クレアチニンを用いた推算式(eGFRcreat)で算出するが、筋肉量が極端に少ない場合は、血清シスタチンを用いた推算式(eGFRcys)がより適切である。
eGFRcreat(mL/分/1.73m2)=194×Cr-1.094×年齢-0.287(女性は×0.739)
eGFRcys(mL/分/1.73m2)=(104×Crs-1.019×0.996年齢(女性は×0.929))-8

関連リンク

初診時の高血圧管理計画

判定されたリスクに応じて、初診時の高血圧管理が立案されます。

【図】初診時の高血圧管理計画

※日本高血圧学会「高血圧治療ガイドライン2014」

関連リンク

文字サイズ
小
標準
大

お問い合わせ

ノバルティスの取り組み

このサイト全般の監修医