ホーム > 高血圧ガイドライン > 3 降圧薬の使い方・主要降圧薬の積極的な適応と禁忌

高血圧ガイドライン 3 降圧薬の使い方・主要降圧薬の積極的な適応と禁忌

降圧薬の使い方

降圧薬は、当初は単薬で低用量から開始し、3ヶ月で降圧目標の達成を目指します。達成できない場合は薬の増量や変更を行います。治療開始後6ヶ月を経過しても降圧目標に到達できない場合には、高血圧専門医に紹介して治療を行います。

【図】高血圧のリスク分類

主要降圧薬の積極的適応と禁忌

積極的な適応や禁忌もしくは慎重使用となる病態や合併症の有無に応じて選択します。

主要降圧薬の積極的適応

【図】主要降圧薬の積極的な適応

※1 少量から開始し、注意深く漸増する。
※2 冠攣縮性狭心症には注意
※3 メタボリックシンドローム

※日本高血圧学会「高血圧治療ガイドライン2014」より抜粋

関連リンク

文字サイズ
小
標準
大

お問い合わせ

ノバルティスの取り組み

このサイト全般の監修医