ホーム > 治療の基本 > 高血圧治療の目的

高血圧治療の目的

高血圧の治療の目的は、血圧を正常な値にコントロールし、合併症を未然に防ぐことです。

高血圧治療計画のためのリスク層別化

まず、危険因子の有無をチェックします。すなわち、臓器障害と心血管病の危険因子があるかどうかがポイントになります。臓器障害では、心臓、脳、腎臓、血管の障害、眼底異常所見の有無が、心血管病の危険因子としては糖尿病や喫煙などの有無が上げられます。現在の高血圧の重症度と、これらの臓器障害と危険因子の有無によって、リスクを判断することができます。

進行の度合いに応じて、段階的に治療をすすめる

初診時に血圧が高い場合、日を変えて再度血圧検査を行います。並行して血圧のレベル、臓器障害、合併症の危険因子を確認し、心血管リスクを総合的に判断します。初診時の血圧が140~159/90~99mmHgで、他の臓器障害や合併症が見られない患者を低リスク患者と分類します。この場合は、食事や運動などの生活習慣の修正を行い、3ヶ月以内に血圧を再測定します。この間に血圧が正常値にもどることもありますが、140/90mmHg未満に下がらない場合は、3ヶ月以内に降圧薬の開始を考慮します。
初診時の血圧が160/100mmHg以上の場合(中等リスク)、1ヶ月以内に血圧が下がらない場合は降圧薬の開始を考慮し、180/110mmHg以上の重症高血圧の場合(高リスク)は、直ちに降圧薬を開始します。

【図】初診時の高血圧管理計画

※日本高血圧学会「高血圧治療ガイドライン2014」

文字サイズ
小
標準
大

お問い合わせ

ノバルティスの取り組み

このサイト全般の監修医