ホーム > 治療の基本 > 高血圧治療の進め方

高血圧治療の進め方

高血圧の治療は、リスクの程度に応じて、段階的にすすめられます。治療の実行の可能性、治療中の生活の質、費用対効果など、さまざまな観点から考えて、医師とよく相談して治療計画を立てます。

生活習慣の修正と薬物療法が、高血圧治療の2本柱

高血圧の治療は、リスクの程度に応じて治療計画を立ててすすめていきます。治療は、生活習慣の修正と、薬物療法を組み合わせて行います。生活習慣の修正とは、肥満、塩分のとり過ぎ、運動不足、喫煙などの生活習慣を見直し、高血圧の重症度を進行させないためのものです。生活習慣の修正だけでは血圧が下がらない場合、薬物療法を併用します。薬物療法とは、降圧薬によって血圧を下げることで、確実に合併症や臓器障害を防ぐ方法です。これらをどう組み合わせてすすめて行くかは、医師と相談した上で決定されます。

無理のない治療プランが成功のコツ

生活習慣の修正にしても、薬物治療にしても、いずれも一生つきあうことになるものです。無理な治療プランを立て挫折したり、生活の質が犠牲にされたりするようでは、心身共に良い結果は得られません。医師と相談して、実現できる治療プランを立てることが大切です。

【図】高血圧の治療の流れ
※正常高値血圧の高リスク群では生活習慣の修正から開始し、目標血圧に達しない場合に降圧薬治療を考慮する。

※日本高血圧学会「高血圧治療ガイドライン2014」より作図

文字サイズ
小
標準
大

お問い合わせ

ノバルティスの取り組み

このサイト全般の監修医