ホーム > 治療の基本 > 合併症のある人の治療方法

合併症のある人の治療方法

高血圧にはさまざまな病気が合併することがあり、血圧をしっかりコントロールすることが大切になります。その際、薬の相互作用も注意点になります。ここではそのポイントをご紹介します。

「脳血管障害」は、発作を再発させないように注意

降圧薬を用いて降圧目標血圧を維持するように治療し、脳出血や脳梗塞などの発作を繰り返さないことが大切です。

「心臓病」は、血圧のコントロールで発作を予防

高血圧に心臓病が合併する事例は非常に多く、特に狭心症や心筋梗塞が合併する場合は、非常に危険です。血圧をコントロールすることも大切になります。

「腎臓病」は、血圧のコントロールで進行を予防

高血圧と腎臓病が合併している場合、高血圧が原因の腎臓病と、腎臓病が原因の高血圧があります。いずれの場合も血圧をしっかりコントロールすることが大切です。

「糖尿病」は、降圧薬とのかねあいに注意して治療する

高血圧と糖尿病が合併した場合には、動脈硬化が促進され、脳卒中や心筋梗塞が起こりやすく、血圧をしっかりコントロールすることが重要になります。治療の際は、糖尿病が降圧薬で悪化することがあるので、注意を払いながら慎重に治療がすすめられます。

関連リンク

文字サイズ
小
標準
大

お問い合わせ

ノバルティスの取り組み

このサイト全般の監修医