ホーム > 治療の基本 > 高齢者の治療方法

高齢者の治療方法

高齢者の高血圧の場合には、若いときよりもさまざまなリスクが高くなるため、注意しなければいけないポイントがあります。できるだけ若いうちに、高血圧に対処する必要があるのです。

高齢者特有の症状に注意が必要

高齢になると、動脈硬化が進むことで、拡張期血圧は低く、収縮期血圧は高くなる傾向があり、血圧の変動も大きくなります。そのほかにも、急に立ち上がったり、長い間立っていたりすると、血圧が下がって脳への血流が不足して、立ちくらみを起こしたり、脳や心臓など、臓器障害や合併症を起こす確率も高いなど、高齢者の場合は注意深く治療をすすめる必要があります。

生活の質を下げない治療計画を立てる

生活習慣の修正についても、若年者に比べ、高齢者の場合は、長年の生活習慣を変えることは容易ではありません。そのことで日々の生活がつまらないものになってしまうこともあります。若年者以上に、生活の質を下げないことを目的とした治療方針を、医師とともに考え、立てる必要があります。

文字サイズ
小
標準
大

お問い合わせ

ノバルティスの取り組み

このサイト全般の監修医